2022年06月20日

2022/6/19〜カレイ釣り・鮎川港出船

●天候…濃霧後薄曇り後晴れ・波高1メートル・南→南東風

●釣果…マコガレイ30枚(23〜38センチ)
  リリースしたもの、マコガレイ5枚・ミズガレイ2枚・カナガシラ1尾
●タックル…竿・まんぼう製カレイ竿(GNタイプ・ワンピースタイプ)
     リール・ステファーノXG(PE0.8号)
     仕掛け・まんぼう製 1−15・4−M・5−X 錘40号

220619.jpg
 朝からすごい濃霧でした(^▽^;)

 だんだんと海況が良くなる今年の鮎川です。
集まっていただいたのは、市内の、UさんKさん、仕事仲間のNさんとカリスマさん、今回は5名での出船です。
いつものように5時前に出船ですが、周りが何にも見えないので、ゆっくりと進みます。
昨日の午後から南風が強く吹いたせいか、うねりが残っています。
 ポイントに着いて、釣り始めますが、ちょっとアタリが遠い。
小移動したら、次々と釣れ始めました。
今日はサイズが少しいい感じで揃っています。
魚体もブリブリした夏マコのものが多いです。
なので、針を飲み込んでいない25センチにならないサイズはリリースしました。
 ただ、食いが浅く、底バレ・途中バレ・水面バレが多発していました。
朝から順調に釣れて、5〜60枚ペースかと思われましたが、10時頃から12時半まで私には全くアタリなし。
カリスマさんも同じだったようですが、船の前のほうではポツポツ釣れています。
1時近くからまた、アタリが出だして、今度は少しサイズアップしてきました。
 結果は30〜50枚くらいで、船中200枚弱といったところ。
最大サイズは45センチでした。
夏マコの刺身・・・旨いですよ〜(^▽^)/
 
posted by まんぼう at 17:25| Comment(0) | まんぼうの釣行記2022 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月12日

2022/6/11〜カレイ釣り・鮎川港出船

●天候…曇り後薄曇り後霧・波高1メートル・東→南東風

●釣果…マコガレイ22枚(23〜33センチ)・マガレイ3枚(18〜33センチ)
  リリースしたもの、マコガレイ5枚・アイナメ1尾(30センチ)・カナガシラ1尾
●タックル…竿・まんぼう製カレイ竿(GNタイプ・ワンピースタイプ)
     リール・ステファーノXG(PE0.8号)
     仕掛け・まんぼう製 1−15・4−M・5−X 錘40号

220611.jpg
 帰りに漁港から海を見ると・・・霧、と言うより、雲、でした。(^▽^;)

 今日は初めから穏やかな予報ですが、午後の雷雨が気になるところです。
今回ご参加いただいたのは、タケビンさん・まつきちさん・チャンピオンとそのお友達・カリスマさん、です。
 いつものように、5時前に出港。
ポイントに着いて、釣り始めです。
今日はうねりも低くて釣りやすいです。
風や、潮流れも緩めです。
 最初のポイントではアタリ無く、すぐに移動。
移動してすぐにタケビンさんが掛けます。
そして皆さん、次々と・・・入れ食い、というほどではありませんが満遍なく、常に誰かが竿を曲げているうれしい状況です。
今日はいいかもしれないですねー。
そこで、潮止まりまで面白く釣れました。
船頭さんが「今日は潮も風も動かないから、何もしなくても船の場所がずっと同じだ」って、言ってましたが、微妙には動いているわけで、それが程よい動きになって釣れ続けたのだと思います。船頭さんが止めるようにしていたのだと思いましたが、違ってたんですね。
 潮止まりから上げにかけては、食いが渋くなってきて、誘い方に工夫が必要になってきました。
小さな動きや大きくゆっくりな動きの後にスティさせる感じです。
だんだんと霧が深くなって、止める頃には視界が100メートルくらいになりましたが、無事に納竿。
30〜55枚の釣果で、船中250枚超えでした。
 皆さん、ありがとうございました。
posted by まんぼう at 20:35| Comment(2) | まんぼうの釣行記2022 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月05日

2022/6/4〜カレイ釣り・鮎川港出船

●天候…晴れ・波高1メートル・北西→北→東→南東風

●釣果…マコガレイ36枚(20〜33センチ)・マガレイ10枚(18〜33センチ)・イシガレイ1枚(30センチ)・ミズガレイ2枚(18・25センチ)・アイナメ1尾(35センチ)
●タックル…竿・まんぼう製カレイ竿(GNタイプ)
     リール・ステファーノXG(PE0.8号)
     仕掛け・まんぼう製 1−15・4−M 錘40号

220604.jpg
金華山方面から海霧が。一時的に周囲の陸地が見えなくなりました。

 前日のゲリラ雷雨がウソのように穏やかになった夜明けの鮎川です。
集まったメンバーは、カリスマさん、県南からSさんお二方、登米市のIさん、市内のKさんで、6名での出船です。
先週よりも、はるかに穏やかな海に期待が高まります。
 5時前に出船。
金華山方面が芳しくないとのことで、航路からスタート。
多少のうねりはありますが、ここでは毎度のことなので、慣れたものです。
 一投目からアタリがあって、まずまずのマコが釣れてきます。
皆さんも、順調にアタリが・・・。
釣れ続いているために、大きなポイント移動をすることもなく、結局一日中、この周辺で釣り続けました。
 ただ、釣れる誘いのパターンは、時間帯によって変化していて、そのあたりの工夫が、釣果に影響したようです。
多少の中だるみ時間はありましたが、お約束の終了間際まで釣れ続ける(笑)で、納竿となりました。
 結果は、41〜73枚で、6人の合計は350枚くらいでした。
皆さん、お世話になりありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
posted by まんぼう at 19:22| Comment(0) | まんぼうの釣行記2022 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする