2019年05月23日

新作カレイ竿 N-079 流し釣り標準タイプにつきましての

n079.jpg

 今日紹介するのは、流し釣りの標準タイプのN079です。
長く製作しているので、もう、79本目のNタイプです。
ほぼ、センターカットの2本継になっています。
竹の部分は、穂持ち・握り共に布袋竹を使用しています。
 今回初の試みで、布袋竹握りにパイプシートを組み合わせてみました。
シートの周り止めのために、小さなビスを1本打っています。
桧の握りに比べて、軽量に出来るのがメリットです。

posted by まんぼう at 19:52| Comment(0) | まんぼうロッドの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

新作カレイ竿 GN019 流し釣り用ショートソリッドタイプにつきましての

gn019.jpg

 今日は流し釣り用ショートソリッドタイプのGN019についての説明です。
ショートソリッドでも、長めの600mmを使用している、N-1Sの2本継タイプと言えます。
450mmを使用しているものと比べると、振り調子が同じ8:2でも、そこから胴への曲がり込みが早くなります。
より、スムーズな曲がりを楽しめる竿ですね。
 ワンピースは持ち運びが・・・とためらっていられる方にも、ワンピースの気分を味わっていただけるように思います。

 蛇足になりますが、GN・GKタイプの穂先下の部分とバット部の竹材は同じ1本から採っています。
素材の段階で、曲がりがスムーズなものを選んで切り組みをするのです。
曲がりではワンピースには劣るかもしれませんが、調子の変化を多少アレンジできるのもいいところかと思います。
posted by まんぼう at 19:34| Comment(0) | まんぼうロッドの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

新作カレイ竿 GK 006・007 かかり釣り用ショートソリッドタイプにつきましての

gk006.jpggk007.jpg
 ☆上がGK006、下がGK007です。

 新作ロッドの説明の第二弾は、かかり釣り用のショートソリッドタイプを2本です。
ワンピースロッドをツーピースにした感じのものだと考えてください。
ただ、継ぎ手が入る分曲がりのスムーズさではワンピースに負けます。<笑>

 上の写真のGK006は、穂先にGBソリッドを使っています。
通常のソリッドよりもマイルドな曲がりが持ち味で、スローテーパーの竹材との組み合わせがいいかなぁと考えています。
そのため、006は魚を掛けた時に、全体的に曲がる感じになります。
だからといって、誘い調子が胴調子になるというわけではありません。
誘いのための先調子は備えています。


 下の写真はGK007です。
通常のソリッドを使用しています。
より、先調子感が出るように削り出しています。
006よりも少し、パワー感が有る仕上がりかなぁと思います。

お問合せはコメント欄でも、メッセージでもOKです。
posted by まんぼう at 21:57| Comment(0) | まんぼうロッドの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする