2007年10月12日

秋のカタログから

 この季節、来年に向けて新製品が続々登場しています。 ワタシが、いつも気にしているリールは、ダイワのアルファスという、バス用リールにキャパの大きめな新製品が出ました。
 ギアも早めになって、スプールも若干大きめ、それでも重量は230g。カレイにピッタリじゃあーりませんか!ただねー、27,000円、と高めのお値段。性能を考えれば納得なんだけどね。
 竿は、ダイワのAトリガーという新製品。まだ、現物は見ていません。シマノのカワハギ竿で、9.5:0.5なんていう激しい調子のものが出ちゃいました。『感度が良さそう』なんて、カレイ釣りで使う人が出るかもしれませんが、止めといたほうがいいですよ。穂先折れます。
 ワタシは、カワハギ竿をカレイ釣りに使うのは良くないと考えています。理由は、穂先が折れるから、です。もちろん、反論もあることでしょう。それを覚悟で言い切ります。
 500グラム位のカワハギを釣る竿と、1キロ超は普通で、2キロ超もある、しかも、外道で2キロクラスのアイナメも掛かるカレイ釣りで使う竿は、設計の段階で違いが出るはずです。
 現に、カワハギ竿の曲がりは極端なもので、穂先から胴にスムーズに曲がるとは言いかねます。大型カレイの突っ込みを矯めきれないことは明らかです。カレイ専用竿のなかった時代ならともかく、目的に合った竿を選んでくださいね。最悪、竿を折って魚を逃がす、ということも考えられますから。
posted by まんぼう at 21:25| Comment(11) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

ハゼ釣りの話。

 今年は、久々に陸っぱりのハゼに嵌り、いろいろとやっていますが(あ、カレイもちょっとやりました<笑>)、やり始めるといろいろと工夫と言うか、考えることがありますねー。
 まず、専用竿を作りました。これは、川での投げ探り用に設計しました。4gのブラーを40m投げる、ことを目標にしています。柔らかい穂先でアタリを取って、全体のしなりで飛ばす、という考え方です。
 これは、川でのハゼには有効でした。が、海では少々柔らかすぎるようです。なぜか、障害物の中に持っていかれることが多く、大きなアタリが出ても針掛かりしないことが多かったのです。川での小さめなアタリの時には、良く掛かってくれたのに、です。
 海では、柔らかめのチョイ投げ竿を使います。磯竿のような竿なのですが、普通の投げ竿では穂先が硬くて弾いてしまうような場合でも、ちゃんと針掛かりさせてくれます。
 これには、リールのラインも影響しているかもしれません。今まで、ナイロンの3号を主に使っていましたが、カレイでの実績に味をしめて<笑>、PEの0.8号を使ったので、伸びがなく、フケも少ないために、余裕がないのでしょう。その分、アタリもはっきりと出ます。
 オモリも、8号くらいで十分です。50mくらいは楽々投げられますし、流れのきつくないところなら落ちつきも良いです。
 このタックルで、これから接岸するカレイも狙ってみましょうか。楽しみですねェ。<笑>
posted by まんぼう at 22:01| Comment(0) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

ハゼ専用竿の紹介です。


haze.jpg
haze1.jpg 







 自分用に作った、陸釣り用のハゼ専用竿です。スピニングリール専用なので、ガイドは10個と少なめにしています。左が、5号のオモリを掛けた状態で、右が40号を掛けた状態です。全長が2.3mで、4gのブラーを40m投げる、を目標に作りました。感度は抜群ですよ。
posted by まんぼう at 19:53| Comment(2) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

ヒラメの竿。

 ヒラメ釣りで重要な要素は・・・、ワタシはまず、竿。そして仕掛けだと思います。
 竿の重要性は、エサをくわえたヒラメがエサを放さずに食い込むこと。弾かない・食いを妨げない穂先を持つことが大切です。胴調子・先調子の問題ではなく、『大切なのは穂先』、です。まんぼうヒラメ竿のテーマでもあります。
posted by まんぼう at 21:10| Comment(2) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

仕掛けケースが好調です。

 仕掛けケースが好調に出ています。
仕掛けをまっすぐに張ったまま持ち運べるのが良いところです。多少かさばるかもしれませんが、ロッドケースにも入りますし、発泡スチロールのように飛ばされないので、落ちついて釣りが出来ます。風格が出るでしょ!<笑>
 仕掛け作りも毎晩していますが、電動が気になってしまいます。<笑>いつ使うのかなぁ・・・。やっぱり、タラか。
posted by まんぼう at 18:56| Comment(2) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

華やかな殿堂(電動)生活!?

 ヤフオクで電動を手に入れてから、チャンピオンにも買ってあげて、今度また、もう一台、落としてしまいました。<笑>
 最初のが、ダイワのS600で、今度のはダイワのS500です。(もちろん、旧・旧タイプです<笑>)チャンピオンのはシマノのTM4000です。
 600はタラもできそうなので、500をアカガラ専用にしようかと考えています。でも、100mまでは手巻きです。(まだ言ってるよ・・・<笑>)

posted by まんぼう at 23:01| Comment(2) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

道具の整理をしました。

 忙しい中でも、日曜日は現場もないので休憩の合間に、竿の整理をしました。
 整理と言っても、竿ケースの入れ替えや、ロッカーの整理ですが。<笑>
 ロッカーも狭くなって来たなぁ、というのが実感です。竿の入った竿ケースだけでも、11個あるので・・・。(全部目的別です)新しく作るにしても、置く場所がないので、どう、効率良くスペースを利用するかですね。考えなしに45リットルクーラーを買ったので、これも、はみ出してます。<笑>
 今のところ、リストラ予定はないので<笑>、もっと上手い活用法を考えましょう。<爆>

posted by まんぼう at 20:12| Comment(4) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

ガイドについて

 秋から、富士のハードガイドが入って来ません。
メーカーさんでも出してない様子です。まぁ、いろいろワケはあるのでしょうが。

 今日は、ミニクロガイドの話です。
 そう、あの、タナゴ竿やイカダ竿の先のほうに付いてる針金みたいなやつです。
 まんぼうの竿でも、かかり用の細身タイプには以前使っていましたが、お客様から見ると、安物でコストを下げている、ように見えるらしく、今は使っていません。
 ワタシのかかり用の竿はかなりの部分がミニクロガイドです。なぜか?・・・軽いから、です。
 特に細身になるほどガイドの重さは重要で、アタリの取れ方にも差が出てきます。竿の捌きが全然違うんですよね。
 耐久性も、6〜7年使っていますが、今のところ問題ありません。0.6・0.8・1号なんていう細いPEを使っても、ですよ。
 でも、商品に自分の満足を押し付けるわけにはいきませんからね。もし、そういった竿がお店に出ていたら、そういう理由があったんだと思ってくださいまし。<笑>

posted by まんぼう at 12:34| Comment(2) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

昨日の釣りで考えたこと〜道具編

 昨日は、長浜仕様(浅場のかかり釣り用)の竿を初めて使いましたが、自分なりに正解だったなぁと思いました。少なくとも、方向性は間違ってなかったと感じています。
 で、具体的にどう違うのかと言うと、穂先は某所などの仕様よりも少し柔らかめで、錘負荷が15号ジャスト(8〜20号まで)。穂持ちに当たる部分に柔らかめの竹を使い、全体的にしなやかに仕上げてあります。極端な浅場なので、仕掛けにショックが伝わらないような仕様にしたかったのです。それが、前回のかかり釣りで感じたことでした。
 今回、1枚目の46pを誘いながら食わせることができたのは、その成果だと考えています。
 リールは、バスワンXT200を使いました。かかりで使うのは初めてですが、回転性能の良さと、巻き上げの軽さ、ドラグのスムーズさにビックリしました。大マコばかりだったのに、良いところばかりが目立ちました。自重も軽いし、これで定価が8800円だから、お買い得ですよ。ヘンな船用リールより、絶対に使いやすいです。
 このタックルで、某所もどうかなぁ、なんて考えてみましたが、せっかくのバランスが崩れそうなので、止めておきます。<笑>

posted by まんぼう at 20:15| Comment(6) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

電動買ったジョ。

 ヤフオクで電動を買っちゃいました。サイズは6号400mサイズ。これで、中深場からタラまでO.K.です。
80号ロッドが使える、120号、150mくらいまでのアカガラは手巻きですよ、当然。<笑>
 セットしてあるタックルバランスは崩したくないんですよ。電動はあくまでも同船の方に迷惑を掛けないための道具です。
 
 ここで、お店情報です。
特価サビキ、まだまだあります。一枚200円です。

posted by まんぼう at 20:19| Comment(2) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

今年のカタログチェエエェ〜ック!

 今年は、メーカーさんでも、値上げのせいか、新製品が目立ちます。
 ダイワの入船。出てすぐに値上げ、だったら初めから新価格で売ればよさそうなものですが、良心と言えば言えなくもない!?大塚さんがゼンクラで紹介してます。ワタシには何とも言えません。メタルトップがそんなにスバラシイのなら、この先ずっと作りつづけてほしいものですが、たぶん、あと数年でなくなるでしょう。
リールは、目立ったものはないですが、廉価版のものが整理されてます。電動の150番が出ましたが、ターゲットはマダイ用。カレイにも使えますが、オーバークオリティです。価格はいくらになるのかな?
 シマノさん。リールはやっぱり、という感じで、出ましたね。スピードマスターのソルト版『ベイゲーム』。価格もちょっと安めですが、内容もお安くなってます!?ベアリングも2個少なく、SVSもなし。しかも、シングルの重たいハンドルが着いて、自重が50グラムも重くなってる。まるっきりのデチューン版ですよ。5,000円の価格差は大きいです。それだけ安い作りだもんね。迷わず本家のスピードマスターを買います。買うメリットがゼロですから。
 まだ、ざっと見ただけですが、これは買い!の品物を探して、良く見ていこうと思います。
posted by まんぼう at 12:19| Comment(8) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

穴探り釣りの仕掛けです。


rig.jpg
 昨日書いた、仕掛けです。これは、竿の硬さを考えて8号の錘を使用していますが、基本的には同じです。オモリに通してある糸は、網の修理に使う糸がいいのですが、なければ、握り糸などでも代用できます。針は、セイゴネムリの14号で、ハリスは4号を15cm。これがベストです。
 防波堤からやる時は、磯竿の2号か3号でしたので、3〜5号のオモリを使っていました。金物を使わない、シンプルな仕掛けです。
posted by まんぼう at 20:57| Comment(0) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

ドンコ・アナゴ竿作ったじょ。


pr2.jpg
pr1.jpg



 

 
 いつものことですが、何かを作っていると、つい、『ヘンなもの』を作りたくなっちゃうんですよね。<笑>
この竿を『ヘンなもの』にしちゃ、かわいそうだけど<笑>、またまた、寄せ集めで2本も作ってしまいました。
 アナゴ・ドンコをターゲットにして、ということで作りました。カレイ竿との違いは?っていうと、穂先の先っちょのところです。
 写真は、20号のオモリなんですけど、同じスペックで、カレイ竿を作るとすると、もう少し、先の部分が細くなるんですよね。その部分で、微妙なアタリの変化を見極めていくのですが、アナゴ狙いでは、それよりも、丈夫さが欲しい。カレイよりも、アタリが明確なので、取り込みでトラブらない穂先の丈夫さが必要だと考えるわけです。
 ドンコの場合はと言うと、根(穴)を釣るので、これも、穂先に気を遣わない丈夫さが欲しい、ということで、同じような仕様でO.K.なのではないか、と考えたわけです。
 たとえば、アイナメにも同じような調子で良いとは思いますが、サイズと引きを考えると、丈夫さがもっと欲しいところです。まぁ、ビール瓶くらいまでは大丈夫でしょうが、一升瓶は無理でしょう。<笑>
 竿を作るときは、こんな風に、いろいろと、つまらないことを考えながらやってるんですよ。<笑>自分の目論みが、ドンピシャでハマると、何とも言えないんですが、外れちゃうと、そーとーへこみます。<爆>
 それでも懲りずに、次々プランを考えるのですから、まったくビョーキですね。<笑>
posted by まんぼう at 20:41| Comment(0) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

『工房まんぼう』からのお知らせです。

 急なお話になりますが、1月15日から、仕掛けの価格を改訂(つまりは値上げですが)させていただきます。
 去年から少しずつ動きはあったのですが、今年に入って、釣り具の卸価格が、はっきりとした値上げ方向に向かっていて、企業努力では吸収しきれないレベルになりました。後発の仕掛けを除いて、100円程度の値上げに踏み切らせていただくことになりました。
どうぞ、ご理解いただきまして、今後とも、宜しくお願い申し上げます。
posted by まんぼう at 20:26| Comment(2) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

忙しくなると…

 この忙しいのに、と言われてますが<笑>、忙しくなると、竿とか、いろんなモノの構想が浮かんできます。(困ったもんだ)
 今考えているのは、このあいだ、ベッコウさんのお船で釣った渡波周辺用の竿。かかり専用竿と違った遊び心で使える竿を思いついたので、合間を見て作ろうと目論んでいます。<爆>
 同じような調子で2本作りますが、1本はオール黒竹仕様の予定。楽しみです。(ワタシだけ!?<笑>)
posted by まんぼう at 20:23| Comment(2) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

昨日の続きです<笑>

 昨日のヒラメ釣りで思ったのは、ヒラメ竿の命は穂先の柔らかさだということです。
ワタシの竿は、かなり柔らかめにしてあり、間違ってアワセの動作を入れかかっても弾かないのです。おかげで、逃がさずに済みました。自分の欠点をカバーしてくれたんですね。
 今のところ、自分的にベストなヒラメ竿です。お店にあるのも、ほとんど同じ調子です。・・・CMです。<笑>

posted by まんぼう at 20:04| Comment(6) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

ワタシの竿の続きです

 昨日は、2時に仕事が終わって、それから書いたので、途中で眠くなりました。で、続きです。

★Z・・・1.42m・162g・30〜40号負荷
カレイの流し釣りのサブロッドにしていますが、かつてはメインで使ってました。今はもう少し柔らかめの方をメインにしています。釣り具商大会での優勝ロッドです。

★[・・・1.77m・280g・25〜50号負荷
アイナメ用の特製竿。大型を獲ることに主眼を置いた設計にした竿ですが、今は柔らかい方をメインで使います。

★\・・・1.17m・170g・10〜20号負荷
一本竿。万能の予備竿。今年の夏はこれでシイラを釣りました。

★]・・・1.65m・208g・15〜30号負荷
カレイのかかり深場用竿として作りましたが、何故か予備竿になっています。流しでも使えます。

★]T・・・1.62m・210g・25〜40号負荷
カレイ流し釣りのメインロッド。今は、このくらいの竿が誘い易く感じます。

★]U・・・1.51m・194g・25〜40号負荷
魚礁用のメインロッド。程よい柔らかさが追い食いを誘い、巻き上げもラクです。

★]V・・・1.42m・170g・30〜40号負荷
魚礁用のショートロッド。最近はこっちがメインかな?誘いやすい調子ですが、しなやかさも併せ持つ誘い好きのワタシ向きの竿です。

★]W・・・1.12m・156g・20〜60号負荷
超・ショートロッド。オモシロ半分で、寄せ集めの材料を使って作ってみました。錘負荷は60号まで。万能の予備竿にする予定です。

★]X・・・1.40m・168g・20〜60号負荷
]Wじゃ短すぎないか?ということで作ったのがこれです。用途は同じ。

・・・というわけで、これからも、訳のわかんない竿を作っては使うんだろうなぁ、と思います。
でもそれは、皆さんにお届けする竿の何かに役立つはずです。<笑>
ご参考までに。
posted by まんぼう at 19:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の使っている竿

 ワタシの使っている竿をご紹介します。
以前は、製作順に、ナンバーをふってましたが、欠番が多くなって整理したので、必ずしも製作順ではありません。釣行記では、PROTOと入ってます。

★0・・・1.79m・140g・10〜20号負荷
カレイのかかり釣りで、置き竿になりがちな、右手側で使っています。カレイ・アイナメ共に、ワタシのタイトルホルダーの竿です。

★T・・・2.03m・230g・15〜25号負荷
アイナメのサブロッドにしていましたが、誘いが面白く、メインロッドになりそうです。

★U・・・2.40m・156g・2〜8号負荷
タナゴ用の竿ですが、ハゼ用にも大活躍です。

★V・・・2.53m・308g・40〜60号負荷
ヒラメ用ロッドです。

★W・・・1.66m・80g・2〜8号負荷
ハゼ・タナゴ用のサブロッド。偶然の寄せ集めから出来ました。

★X・・・2.15m・218g・15〜25号
カレイかかり釣りの、サブロッド。

★Y・・・1.82m・190g・10〜25号
カレイかかり釣りの、手持ちメインロッド。
自分でベストと思える、かかり釣りの調子を実現できている竿です。

    ・・・続きは後ほど。
posted by まんぼう at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

感覚って、変わるんですね。

 チャンピオンが、四倉で使おうということで、だいぶ前に作った竿を持ってきました。
 当時は、30号負荷くらいに感じていたのですが、今だと50号もO.K.っていう感じです。なんでだろー?<笑>
それだけ昔は、ガチガチの竿を好んで使っていた、ということなんでしょうね。
 例えば、今、かかりで使っているPROTO0(10号負荷)なんかは、ちょっと前まで、15号までしか使えなかったのに、今では20号も平気で掛けて誘ってるし。<笑>
 慣れ、というか、感覚の変化というか、対応できていくものなんですね。それが楽しく、新しい発見にもなるし。
posted by まんぼう at 20:51| Comment(9) | TrackBack(0) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

オモリについて

 17日の釣りでは、ダイワの快適船シンカー丸型を使用しましたが、ちょっと気になる点がありました。
 ナス型に比べて水抵抗が大きく、転がりやすいので、底でオマツリし易い、ということです。
 メリットは、あまり感じられませんでした。
状況にもよるので、追々、確かめていきたいと思います。

posted by まんぼう at 22:35| Comment(10) | TrackBack(0) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする