2020年11月17日

2020/11/14〜カレイ釣り・渡波港出船

●天候…晴れ時々薄曇り・波高1〜2メートル・北西風後強風早上がり

●釣果…マコガレイ3枚(23〜42センチ)・アイナメ3尾(27〜38センチ)・フグ類多数
●タックル…竿・まんぼうライトテンヤ竿2種
     リール・カーディナルS1000・MS301(PE0.8号)
     仕掛け・まんぼうカレイテンヤ5号・まんぼうカレイブラクリ5号・カリスマさん特製仕掛け(錘10号)

201114.jpg
 夜明けは素晴らしかったです。(^-^)

 前回の食い渋りから、少しは上向いた感のある状況とのことで、期待されますが、風が出る予報が心配。
今回も、カリスマさん・タケビンさんとご友人のCさんの4名で出船。

 7時前に万石浦を出船します、が結構ザバザバ。
風向きが悪くて、船を横付けできません。
最初の場所でいきなり、前回修行に終わったタケビンさんが上げちゃいます。
続いてCさん。またタケビンさん。
 カリスマさんには大型のアイナメが。
ワタシは・・・フグちゃん。また。フグちゃん。
今回は修行か・・・10時までカレイボーズ(;^_^A
 で、船長さんから、テンヤは厳しいんじゃないの?とのアドバイスで、ブラクリを普通の仕掛けに。
そしたら、テンヤ側の竿に23センチのマコ。(^^;)
間もなく普通の仕掛けに30Upのまずまずマコ。
続いて、42センチのマコ。
 やっぱり、荒れ気味の時は普通の仕掛けに分がありますね。
それと、錘の重さ。
落ち着かせるために、普段より重い錘を使うことで、捕食のチャンスを増やせると思います。
と、言いつつあまりやらないんですが<笑>

 同船の皆様、今回もお世話になりました。
次回は12月になります。
今回のマコ、旨い!
刺身で身がつやつやでした。(*^^)v
posted by まんぼう at 20:31| Comment(2) | まんぼうの釣行記2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
秋マコ、最高に旨いのは分かっているのですが…12月はパンパンの抱卵かな〜。何とか行ければ良いのですが。

例の竿、同じ初期型が欲しい。直すよりも中古で探せば、バットは取り替えて(2ピースなので)、先は2本、もっとムチャ出来る(笑)
改めて仕様を見ると20〜60号。100号ぶら下げたり、メーターのサワラと格闘は…竿が悲鳴をあげてます(爆)

Posted by zouchan at 2020年11月17日 21:17
まだまだ卵パンパンにはなりそうにない感じです。
身の方に栄養たっぷりです(^^)

元竿側が傷むことって少ないですからねー。
穂先の折れた竿とかがありそうですが、捨てちゃうかなぁ。
Posted by まんぼう at 2020年11月18日 07:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。