2020年10月13日

新作ロッドの紹介・その3です。(N1-S008・009・010)

今回製作の最後の紹介になります。ワンピースロッドのN1-Sを3本です。
n1s008.jpgn1s008b.jpg

 まずは、N1-S008から。
こちらは、グラスソリッドの穂先を使用しています。
N1-Sの標準的な調子と長さ、重量に仕上がっています。
マコ・マガレイ、深場から浅場まで対応できる、カレイの万能竿?<笑>と言えるかもしれません。
迷った時に選んで後悔しない竿、になると思います。
曲がります<笑>

n1s009.jpgn1s009b.jpg

 次は009です。
こちらの特徴は、グリップに破竹を使用していることです。
調子的には変わりませんが、抜群に軽いです。
布袋竹の根っ子竹を使った↑の008に比べて40gも軽い。
手元が軽くなっている分、持ち重り感はどうなのかということになりますが、リールシート位置を適正に配置して、解消しています。
軽いのは楽だなぁ、ってしみじみと感じる竿です。

n1s010.jpgn1s010b.jpg

 最後は010。
こちらは、008とほぼ同じ仕様です。
気持ち、長さが短めの161pになります。
これもカレイ釣り全般に使えます。

N1−Sタイプの特徴としては、掛かり釣りの浅場で、10号とか15号とかの錘を使っても違和感なく釣りができること、でしょうか。
もちろん、錘に穂先が勝ちすぎている感じはありますが跳ねる程でもなく、小さなアタリや違和感も伝わってきます。


今回の紹介は、ここまでになります。
ご質問やお問い合わせは、コメントやメール等で、ご遠慮なくお申し付けください。
お店で直接確かめらてみたい方は、ご足労をおかけいたしますが、是非ご来店くださいね。
お待ちしております。(*^^*)
posted by まんぼう at 21:17| Comment(0) | まんぼう・新作情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。