2018年09月26日

10F・10N仕掛けでの誘いについて

 長らくお待たせいたしました。
10F・10N仕掛けでの誘いについて、ワタシのやっている方法をお知らせします。

10F・10N仕掛けは、錘から下が50センチで、錘上20センチに上針があります。
一般的なくくりでは、短めの仕掛けに入ると思います。
すぐに思いつくのは、細かいコヅキだと思いますが、ほとんど不要です。
まず、長時間やると疲れます。<笑>

仕掛けが着底したら、まず、糸ふけを取ります。
糸ふけの取り方も、人それぞれですが、ワタシは、竿が水面に対して平行になるくらいまでにします。
その位置から、竿を45度くらいまで2秒くらいかけで持ち上げ、4〜5秒くらいかけて水平まで降ろします。
これを5〜10回繰り返します。
そこでアタリが出たら、軽く竿を立ててアワセます。
アタリが出なければ、30度くらいの持ち上げを同じテンポで4〜5回。
さらにだんだんと角度を小さくしながら、20〜30回。
そこまでアタリがない時は、そこで竿一杯にゆっくりとしゃくって、30秒から1分くらい、底に留めておきます。
そしてまた、最初から繰り返します。
たぶん、そうとうに楽だと思います。
この誘いのいいところは、フォールしている時のアタリを取れるところです。
面白いですよ。
フォール中のアタリにアワセた時は、ココロの中でガッツポーズです。
本当に誘いが楽しくなります。
試されてはいかがでしょうか?
posted by まんぼう at 20:37| Comment(5) | 釣り方の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フォールさせているときに食わせる。
まんぼうさんの感覚とは異なるのかもしれませんが、ここ2〜3年で掴んだ感覚です。
この秋も修業かな?との覚悟だけはできています。
Posted by takebin at 2018年09月26日 21:44
タケビンさん
持ち上げた錘をストンと落としてしまうと、フォールのアタリは取れません。
実際に見ているわけではないので、想像上の話になりますが、ゆっくりと錘が下がっていく時に、カレイがエサをスッと吸い込む感じのイメージです。その時のモヤッとした・ツンと来た、そういうアタリにアワセた時の嬉しさは格別です。
そのイメージができると、誘いの中で『こうしてこうやって、ココで食うんだよなー』なんていう自分なりの釣れる感覚が出来上がっていきます。
想像しただけで、ワクワクします。
そういう釣り方を、トラブル無くスムーズに出来る仕掛けなんですよ。
針さえ交換すれば、1シーズン使えます。
Posted by まんぼう at 2018年09月27日 05:59
追記です。<笑>
誘い方についてですが、持ち上げてゆっくりと下ろしますが、錘が着底したら一呼吸2〜3秒置いてから、また持ち上げます。
タケビンさん、秋は修行の時ですよ〜。<爆>
Posted by まんぼう at 2018年09月27日 06:05
理屈は分かっています。
が、ユックリ下ろすというのが、私には返って負担になります、と言うかストレスかな?
細かい誘いでも食いますが小型(笑)

カリスマさんは、一見まんぼうさんの誘いと違うように見えますが、理屈は同じで、着実にものにしてます。
流石です。

まぁ、私なりに横着釣法を探ります(爆)
Posted by zouchan at 2018年09月27日 17:21
>zouchanさん
ゆっくり下ろすよりもコヅキの方が楽なこともあるかもしれません。<笑>
ただ、1日のスパンで見ればこちらが疲れないように感じます。
慣れるまでは、ストレスになるかもしれません。
ワタシのイメージとしては、近くにいるカレイに、押したり引いたりしながら、どの幅の誘いで食ってくるんかい?と問いかけながら釣っている感じです。
寄ってくる感じがわかるので、対話しながら釣っている気になります。

カリスマさんは、テンヤのフォールでしょうか?
そんな感じでアタリを取っていますね。

ワタシの誘いは一つの例なので、zouchanさんが楽で効率の良い誘いを発見されれば、それが一番です。
いつでも修行あるのみ、なんでしょうね。
楽しく修業しましょう。<笑>
Posted by まんぼう at 2018年09月27日 18:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。