2013年07月09日

北海道珍道中顛末記・・・その5

 だらだら続いた北海道珍道中も今回で終わる(のかな?)<笑>。

 八雲〜札幌間は下道で5時間くらいとのこと。
ナビに打ち込んでみると、高速利用で4時間弱くらいのようです。
 早めに着きたいので、お昼は弁当でもと、有珠山PAでホタテご飯を購入。海はきれいに見えるんですが、肝心の有珠山が見えない場所にあるのが残念。有珠山〜昭和新山は、自然科学ボーヤ<笑>には最高の教材でした。次は、支笏湖〜洞爺湖コースも考えておこーっと。
 札幌目指してひた走り。1時過ぎに八雲を出て、5時ちょっと前に到着の予定が、4時に着いちゃった。<笑> いいのかな〜ぁ!?<爆>
 ホテルに、チェックインしていると、SB氏が現れました。彼とは年に1〜2回帰省した時などに、会っているのですが、アウェィでは初めてなので、ちょっと新鮮な感じがしますねー。<笑>
部屋に荷物を入れて、車をホテル前の駐車スペースに置いていると、見たような顔が・・・。33年ぶりに会うSK氏でした。かつての面影って、残っているものなのですねー。(SK氏曰く、ワタシは昔のまんま、だそうです<爆>)
 ホテルのロビーで、ホテルの方に記念写真を撮っていただきました。タイトルは、『鰐陵ウェイトリフティングOB札幌支部会〜石巻本部会員を迎えて』。(何じゃそりゃ?)
 妻と娘が帯広から戻る7時前まで、3人でちょっと飲もうということで、海鮮の居酒屋で旧交を温めました。6時半に札幌駅に向かいます。札幌駅でSB夫人も合流し、無事に妻娘が改札を出てきました。
そこから、歩いて5分ほどの所にある、イタリアンのお店で会食(というか、半ば宴会)です。家では聞けないいろいろな話が飛び交い、娘も最初はびっくりしていましたが、SB夫人の優しい気遣いで楽しく食事が出来たようです。ありがとうございました。
 この3人のおんつぁんたちは、ほぼ同じ身長で、それぞれが67.5キロ級。75キロ級・82.5キロ級の選手だったのですが、今やみんな同じウェイトクラスになりました。<爆> 
 のんべぇのおんつぁん達が、ワインを4本空けたところで、再会を期してお開きになりました。
思えば、高校の3年間一緒だった、北大受験に一緒に行ったというだけで、ずっと会っていなくてもつい昨日会ったように話ができる。有り難いなぁ、と思います。
 昨日・今日と連チャンで飲んで大丈夫かなぁ、と心配しましたが、心地良く飲んだお酒って唱歌もいいんですね。<笑> ホテルは、札幌駅近くのサッポロビールのホテルです。トリプルの部屋に、ゆったりしたバスルームがあるので、北海道最後の夜もすっかり体が解れました。
 翌日は、市内観光。
時計台を見て、テレビ塔に上り、羊が丘展望台に行って、苫小牧へ。
時計台は、内部見学ができました。角田の出身という女性の館長さんが店番をしていた売店で、小さな懐中時計を買いました。<笑>
 大通公園で、焼トウモロコシを買い、ベンチで食べます。気分は(というより実際そうなのですが<笑>)旅行者です。
 テレビ塔には『てれびとうさん』というキャラクターが居りました。<笑>
地下にあるラーメン屋さんでラーメンを食べましたが、旨かった! でも、量が多かった! 普通盛りのラーメンなのですが、上の野菜を食べて麺にたどり着く頃には、腹半分。麺を完食したら美味しいスープを半分残して腹いっぱいになりました。妻と娘は半分でギブアップ。心残りですぅ〜。
 北大植物園に行ったら、月曜はお休み。
車に戻って、羊が丘展望台を目指します。札幌ドームを右手に見て、坂道を上ると見えてきます。
本当に羊が放牧されていて、娘が感激してました。初めて見る生羊です。<笑>
風がちょっと冷たかったので、雪まつり資料館へ。雪像を作る様子が放映されています。
 奥の方から何やら聞いたような曲が…『虹と雪のバラード』です。そこには、札幌オリンピック関係の資料がありました。おっちゃんは、涙チョチョ切れました。これが無かったら、北大受験などという大それたことを考えなかったと思うし、それがあったことで、またこうして北海道に来れた。縁って、不思議ですね。クラーク博士の像に、弟子になれなかった不徳を詫びて、またの来訪を誓いました。
 帰りの船は『きそ』きたかみよりも一回り大きく、客船の雰囲気は↑。1等の和洋室は、まぁまぁの広さ。なぜか帰りも、港を出てすぐは揺れてます。八戸沖くらいから穏やかになってきました。
 爆睡して起きたら4時。<笑> デッキを散歩します。朝食バイキングは妻と2人。娘は爆睡中。朝食後に再びデッキへ。金華山が見えてきました。今日はあの辺でチャンピオン御一行が釣りしてるんだな、と探しますが、小船が見えるはずもなく・・・電話が来ました。チャンピオンからです。船が見えるよー、だって。結構釣れているらしいです。
 何事もなく順調に仙台港着。無事に家まで帰り着いたのでした。

 北海道では、皆さんのご厚意に甘えっぱなしでした。本当にありがとうございます。
また、必ず行きます。大地もココロも、『でっかいどう!北海道!』
posted by まんぼう at 06:18| Comment(4) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
時々忘れ物をするまんぼうさん
遠く北海道でも忘れ物をしてきたのですね。

そう簡単に取りにいけないところですから、今回ばかりは諦めましょうか?
Posted by タケビン at 2013年07月09日 19:56
タケビンさん

そうそう、諦めるわけにはいきませんねー。<笑>
次の機会・・・狙ってますよ!(^_^)v
Posted by まんぼう at 2013年07月10日 04:25
SBと名づけられた者です。
まんぼうさん、この日記を今日見つけたよ。
札幌での再会は楽しかったなあ〜
おみやげのお米は重かったけど・・ありがとうね。
また近いうちに石巻か札幌で会える日を楽しみにしてます。

この日記のこと、SK氏にも教えておくね。

Posted by SB at 2013年07月17日 17:53
札幌では、家族一同、お世話になりっぱなしでありがとうございました。m(__)m
もう少し早めに着いて、お米は配達したかったんですけど、ちょっと無理でした。<笑>
また会いたいです。
SK氏にもよろしくです。
あ、差支えなかったら、SK氏の住所を教えてくださいまし。
Posted by まんぼう at 2013年07月17日 20:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。