2013年01月12日

ステファーノの感想

 初釣りで、ステファーノCI4・200を使って見たので、感想を少し書いてみます。
 まず、軽い!早い!で、空巻き性能は文句なしです。
問題は魚を掛けてから、なんですが、風とうねりの中、尺アカジ・40マコもスムーズに上がってきました。
 ドラグも細かく調整でき、不足はないです。まぁ、アンタレスに比べると若干ピッチは荒いですが。<笑>
 このドラグの調整ノブがハンドルの外側にあり、ハンドルにパーミングした手でちょい巻きできるSタービンハンドルと呼ばれる出っ張りがあって、これが実に便利。
今までは、スタードラグのノブに手を掛けて回していたので、ドラグの調整が変わることがあって、不便を感じていました。これはヒットです!
 CI4は廉価版ですが、これで十分です。CI4でない、レギュラーの方は掛かり釣り用にセットしていますので、そちらで使ってから、またレポートします。
 
posted by まんぼう at 17:47| Comment(4) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ステファーノCI4・200良さそうですね。
私のリール選びは、マコは常に記録を狙っているので、魚を掛けてから、ドラグ性能は勿論、いかにスムースに巻き上げ出来るかです。
スムースだと、それだけで余裕が出来ます。
ただ、私が納得するものは、カレイ釣りにはちょいと大きかったり重かったり(笑)
ピッタリサイズで、軽くて納得できるものはないかと思案中です。
高価なものは良いに決まっているのですが・・・

抱卵マコのワンチャンス狙っていたのですが、インフルエンザでダウン。熱は下がったのですが、まだ3〜4日自宅に籠もります。今回は諦めます(涙)
Posted by 斉藤 at 2013年01月13日 06:55
インフルエンザですか〜。
それは大変ですね。
治りきらないとぶり返したりしますので無理は禁物です。

ステファーノは、カワハギ用なのでサイズはジャストです。巻き上げ能力が気になっていましたが、十分なことが判りました。
CI4の方がスプール径が大きくギアも早いので巻き上げは早くなります。素材も軽く重量も遜色ないです。

抱卵マコ、残念ですねー。
第二弾でリベンジ、は確率下がりそうですしねぇ・・・。<笑>
Posted by まんぼう at 2013年01月13日 07:53
起喜来龍○丸にカレイ狙いで行きました。
行きましたが、片道105Kmのうちのあと約5キロ地点の下り坂で凍結のため事故った車があり、直後の車もスピンして上下最大7台ほどが立往生。
遅れてもよいからとの連絡があり、恐る恐る2台で向かうことにしたのですが、スピンした車が再度スリップし脱輪したところで断念となりました。
夜に降った雨がきれいに凍りツルツルで、路面に立つとそのまま滑走してしまい歩くことができない状態でした。
そんな中で下って行った車はすごいの一言。
事故車が知人だったので、レッカー車が来るのを待ち荷物を載せ替えて一緒に帰りました。
3時間半にわたり現場にいましたが、軽、普通車にかかわらず進める車、進めない車があり、車両の前後重量バランスが影響しているのではないかと思われました。
乗船した方々は上々の釣果だったようですが、無理はできませんでしたので、「断念」の決断も良かったのかなと思っています。
「怖かった」の一言です。
Posted by タケビン at 2013年01月14日 00:22
大変でしたねー。
冬の釣行は気象との闘いです。
凍結路面は無理できないので、断念で正解ですよ。
魚はまたいつか釣れますが、事故に遭うと釣りどころではなくなりますからね。
凍結路面をどうしても走らなければならない時には、タイヤチェーンしかありません。
たとえわずかな距離でも、チェーンを巻いてゆっくりと氷を割りながら走る。
現場に向かう時の鉄則です。
次回に期待して、待ちましょう。<笑>
Posted by まんぼう at 2013年01月14日 06:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。