2008年07月16日

2008/7/16〜カレイ釣り・某所周辺


80716.jpg●場所…某所周辺(久栄丸)
●天候…薄曇・波高1m
●釣果…マコガレイ6枚(最大47p)・アカジガレイ3枚・ナメタガレイ1枚(32cm)・アイナメ9尾(最大51p)
●タックル…竿・まんぼうPROTO 0・Y
 リール・アグレスト100SH・SHL(道糸PEジガーHG・1号)
●仕掛け…G−Lα・E−K改・G−LαU

 今週末でカレイは終わり、という船頭さんのお話で、未練たらたら、行って来ましたよ、某所です。<笑>
 水温が表面で20度、底で14.5度とのことで、食いのよさを期待しましたが・・・。やっぱり渋いのね〜。あわせても抜けちゃうんですよ。
 でも、今年最大のアイナメ51cmが出たし、マコも、落し物には物足りなかったですが、きっちり合わせて、47cmを釣ったので、自分的には満足、かな?
 やっぱりかかりの竿は面白いです。チャンピオンが釣った、12キロのタコ。足を一本貰いました。嬉しいな!<笑>
posted by まんぼう at 18:12| Comment(6) | まんぼうの釣行記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
むひひ・・・勝った!(^^)!
と言っても納得は1枚だけですが。

また大ダコですか、そっちが羨ましい(笑)
Posted by 斉藤 at 2008年07月16日 18:41
ふ〜ん、でも、アイナメで50UPだもん!(子供じゃないんだから<笑>)
タコが釣れる前は、カレイのアタリがなかったのに、タコが上がったら、カレイが釣れだしました。
カレイはタコが苦手なんですね。
Posted by まんぼう at 2008年07月16日 19:12
ふむふむ、カレイはタコが苦手と。
それにしても、相変わらず某所の魚は太いですね。
Posted by 斉藤 at 2008年07月16日 19:49
去年のこと

カレイのアタリにあわせた連れ、すぐに根がかってしまいしばしそのままに、もう一方の竿で小突いて釣り続けました。
ポイント移動の為、根がかった方も巻き始めたところ上がってきました。
竿は弓なりです。
「ゴミ」と思いきや、カレイの肩口を食いちぎって仕掛けに絡み付いて上がってのはグッドサイズのタコでした。
食いちぎられた右肩(?)が痛々しいマコガレイ、とんだ災難だったと後悔していたのか、泣いていました。
Posted by タケビン at 2008年07月17日 05:58
今年のカレイは、渋かったり食いが浅かったり。
数が出る日でも、例年の盛期とは違うんだよなー
遅れた影響か?表面は暖かくても底潮が冷たいのか?
???
Posted by 斉藤 at 2008年07月17日 08:19
>斉藤さん
タコの話は、漁師さんがみんな言ってますし、実際に、そういう経験も多いです。
昨日の魚は、みんなプリプリのメタボちゃんでした。<笑>
食いの悪さは相変わらずで、記憶と記録を辿ると、冷水槐があった年は、そういう傾向にあるような気がします。底の水の状態が良くないのかも。
>タケビンさん
それは貴重なお話です! でも、カレイの涙って・・・???<笑>
アイナメなどは、泳ぎが速いので無事なようですが、カレイは乗っかられるとアウトみたいですね。
Posted by まんぼう at 2008年07月17日 20:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。