2007年10月12日

秋のカタログから

 この季節、来年に向けて新製品が続々登場しています。 ワタシが、いつも気にしているリールは、ダイワのアルファスという、バス用リールにキャパの大きめな新製品が出ました。
 ギアも早めになって、スプールも若干大きめ、それでも重量は230g。カレイにピッタリじゃあーりませんか!ただねー、27,000円、と高めのお値段。性能を考えれば納得なんだけどね。
 竿は、ダイワのAトリガーという新製品。まだ、現物は見ていません。シマノのカワハギ竿で、9.5:0.5なんていう激しい調子のものが出ちゃいました。『感度が良さそう』なんて、カレイ釣りで使う人が出るかもしれませんが、止めといたほうがいいですよ。穂先折れます。
 ワタシは、カワハギ竿をカレイ釣りに使うのは良くないと考えています。理由は、穂先が折れるから、です。もちろん、反論もあることでしょう。それを覚悟で言い切ります。
 500グラム位のカワハギを釣る竿と、1キロ超は普通で、2キロ超もある、しかも、外道で2キロクラスのアイナメも掛かるカレイ釣りで使う竿は、設計の段階で違いが出るはずです。
 現に、カワハギ竿の曲がりは極端なもので、穂先から胴にスムーズに曲がるとは言いかねます。大型カレイの突っ込みを矯めきれないことは明らかです。カレイ専用竿のなかった時代ならともかく、目的に合った竿を選んでくださいね。最悪、竿を折って魚を逃がす、ということも考えられますから。
posted by まんぼう at 21:25| Comment(11) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何社のリールは言いませんが、高性能でもきゃしゃではねー これでは高性能とは言わない?

今年は2台修理に出しました。その内1台は今年だけで4度。
メーカーでも困っているのかも、後半2回は無料にしてくれました。

同じメーカーでも、一昔前に買った安物のリールが一番頑丈、しかも軽いし。

色々なうたい文句で、高性能を誇っていますが、何をもって高性能なのか分からなくなってきました。
Posted by 斉藤 at 2007年10月13日 07:29
お早うございます。

斉藤さんの言っていることが分かる気がします。
私も感じます。
ドラグ性能は今の方がずっとよいと思いますが。

今日、明日は時間があり、海も穏やかそうなのに釣りに行けそうになく、愚図っています。

そろそろリハビリ釣行したいのに、適当な船がなく家にいそうです。

27日は出かける予定なんですが・・・
Posted by タケビン at 2007年10月13日 08:37
確かにドラグは良い・・・でもなー

まだハッキリ分かりませんが、26日に歌津へ行くかも知れません。

前夜か当日の帰りにでも、まんぼうさんの所へよることが出来ればと思っています。

このところ忙しくて、漸く釣りはご無沙汰。
今月1度銚子へ行ったのですが、本船だけ別のポイントへ走るも空振り、慌てて釣れているポイントへ、ところが船の故障で漸く漂流。
散々な1日で見事ボの字、ヒラメ釣り最悪のスタート。

ホームも釣れてきたようだし・・・う〜〜〜時間がない(泣)
といいつつ、突然の釣行がいつものパターンですが(笑)
Posted by 斉藤 at 2007年10月13日 08:57
まんぼうさんご無沙汰です。


今、神奈川でカワハギを狙ってまして、
次回からまんぼうさんから頂いた竿を使ってみようかな〜と思っていますが、カワハギにはどうでしょうか?

持っている竿の中で、一番叩きやすくて感度が良い竿はまんぼうさんの竿です。

結構、カワハギ釣りでも大型に突っ込まれて針折られた!竿でタメてたらハリス切られた!ってのをよく聞きますが、カワハギ竿が胴に入らないからじゃないのかな〜と思います
Posted by 竜太 at 2007年10月13日 20:44
さっき、現場から帰着。ご飯を食べたところです。織田ユージ、やってるなー。<笑>
>斉藤さん
ホントにそうですねー。あれは、出た時からダメだよって、ワタシは言い続けてるんですが、巻き取り時にハンドルの連動がなければ、多分トラブルは激減すると思います。
歌津に来られるのですか。お会いできるのを楽しみにしております。
ヒラメは残念でしたね。
でも、これからですから。<笑>
>タケビンさん
リハビリもままならないのはなかなかキビシイですねェ。<笑> でも、まぁ、あせらずにいきましょう。
>竜太君
竿は使えると思いますよ。ワタシは、カワハギをやったことないんで、何とも言えないんですが、やっていたら、たぶん今主流の竿とは、ぜんぜん違う竿を作っているような気がします。
そんな意味で、Gバイキングなんかは好きだなぁ、と思います。まだまだ改良の余地はありますが。
ぜひ、ワタシの竿でカワハギをバンバン退治してください。<笑>

Posted by まんぼう at 2007年10月13日 23:33
>竜太くん
カワハギは口が硬いので、しっかり掛けないとばらすことがあります。
アタリからアワセて巻き取るまでも、手を休めると結構ばれるようです。
胴に乗ってくる竿は、面白いと思いますが、その分掛かりが弱くならないかな?

カワハギはやったことがないので想像です。

色々試して、レポート宜しくです。
Posted by 斉藤 at 2007年10月13日 23:56
確かに、カワハギの口は硬いので、掛けるための腰の強さは必要だと思います。
カーボンやグラスなどの人工素材は、今のところ『運動量のみに反応する』ものしかないようですので、どうしても、曲がりを求めると腰が弱くなります。
竹は、『運動の速さと量の両方に反応する』のです。つまり、速い動きには硬く、ゆっくりとした動きにはしなる、という2面を併せ持っています。そこが違いです。それを生かして、しなやかでアワセの効く竿を作れないかと模索しているのですよ。
カワハギはやってみたい釣りですねー。
Posted by まんぼう at 2007年10月14日 07:49
そうだったんですか(汗)
するとカワハギも面白い釣りが出来ますね。
Posted by 斉藤 at 2007年10月14日 17:28
カワハギをやったら、釣りが劇的に変化するかも・・・。<笑>
面白いんでしょうねェ。
Posted by まんぼう at 2007年10月15日 00:11
そうなると、良い釣りができそうですね〜

日曜日こっちのボート仲間のオフ会なので、頑張ってみます。

ポイントの分からない僕に釣れるかどうか分かりませんが、、、、、、、


カワハギおもしろいですよ〜

カワハギのおもしろさにハマッて、本来はバス専門で、カワハギだけ海釣りやる人も結構居るみたいです。
Posted by 竜太 at 2007年10月15日 01:07
カワハギは、競技性が高いので、嵌る人も多いんでしょうね。まずは楽しく釣ってみてくださいな。
Posted by まんぼう at 2007年10月15日 19:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。