2007年02月12日

メバルの当たりバケ情報。

 金華山周辺で、メバルが好調です。赤・黒混じりで型も良く数が出ています。エサ釣りよりも、バケに当たるようで、当たりバケは、緑系のもの。一本か二本空きくらいにナチュラルカラーが入っているものがベストです。
 ハリスは、1.5号以下。ただ、竿が硬いと尺上にブツブツ切られるそうです。金華山ならではのスリリングなメバル釣りですね。
posted by まんぼう at 19:22| Comment(4) | 釣り情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あそこも春になると1.5号のハリスで黒メバルを狙うのですが、ブツブツ切られるそうです。
そういえば日立でもそんなこと言っていました。
東京湾では考えられない大きさですね。

未経験なので、筍メバルというやつ、一度ぐらいはやってみるかな。
Posted by 斉藤 at 2007年02月13日 09:55
まぁ、こちらでは、それが普通で、慣れちゃってるところがありますが。<笑>自作サビキには0.8号まであります。これで、最大38cmのベッコウゾイを2度も上げてますから(と、自身マンマン<爆>)。竿は30号です。オモリは50号。
Posted by まんぼう at 2007年02月13日 19:34
黒メバルは、周りより細い仕掛けの方に食ってくるということでした。
で、皆段々細くなる。
竿も考えなければならないかな。
Posted by 斉藤 at 2007年02月13日 19:59
確かにそうなんですよね。隣りより細く、ということで、細仕掛けになるのでしょう。ただ、2号になると食いが止まるようで、そのへんも難しいところなんですよね。
Posted by まんぼう at 2007年02月13日 20:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。