2005年06月14日

仕掛け作りで…

 カレイ仕掛けの幹糸がヨレること、って結構ありますが、その原因の一つが、作っている途中での結び方にあります。
 ユニノットにせよ、エイトノットにせよ、糸をねじる、という動作が入ります。その時に、そのヨレを取らずにそのまま締め込むと、ヨレた状態が残ってしまい、水に浸かって魚が掛かると、だんだんそれが現れるようになります。
 ワタシは、幹糸もハリスも、あらかじめ長さをカットしておきます。製作の途中で入るヨレを逃がすことができるからです。それでも、ヨレてはきますが、少しでも長持ちするように、と考えて作っています。

posted by まんぼう at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕掛けの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック