2004年09月12日

2004/9/12 ハゼ釣り・万石浦

●場所…万石浦内 
●天候…晴れ/波・ほとんどなし
●釣果…ハゼ28尾・シャコ1尾(お持ち帰り分) リリース30尾くらい
●タックル…竿・まんぼう製PROTO8(タナゴ竿)・寄せ集めの竿<笑>
    リール・チヌマチック1000EV(道糸フロロ1.5号)・ミニトロール(道糸ナイロン1.5号)
●仕掛け…まんぼうハゼ仕掛け 手持ち竿用(オモリ…カミツブシ特大2個)

 今日は友人のA部さんのご好意で、万石浦のハゼ釣りに行って来ました。

 事前の情報では、今一つ、ということでしたが、天気は上々、いざ出船!・・・でも、東風が気になります。『鍋の魚も逃げる』って言いますからねー。

 干潮なので、澪筋のかけ上がりからスタートです。投入したら、即アタリ。何とかキープサイズが釣れてきました。いい感じ!? それから、頻繁にアタリはあるものの、リリースサイズが多発しています。<涙> デカイのは何処に・・・。

 そこで、今日出ているはずの、べっこうさんと情報交換。『万石浦の雄・日東丸』も今日は今一つ、とのこと。やはり最後は・・・神頼み!?<笑> 鳥居の近くの棚で、フグの猛攻の中、まずまずサイズがポツポツと。フグのダブル(しかも投入直後)というのもありましたが、粘れば何とかなる?

 お昼にもう1人のゲストのA部さんが合流。良さそうな情報のある奥のほうへ・・・。しかし、やっぱり拾い釣り。ハゼって溜まってないの??? そして・・・フグ。アワセが決まる。強い引き・・・フグ!<涙>

 今回のタックルは、初めて使う『タナゴ竿2.5m・3本継ぎ』と、竿作りで余った材料を寄せ集めて作った、防波堤から浅場の船まで使っている万能竿<笑>です。オモリはカミツブシの特大を2個。仕掛けは、幹糸2号のハリスが1.5号。針が袖型の7〜8号とヤマメの6号。リールのチヌマチックは、カミツブシ2個でもバックラッシュするほど、スムーズに仕掛けが落ちていきます。柔らかい穂先が微妙なアタリも取ってくれるんですね。ハゼにタナゴ竿、お勧めです。

 今日は、誘いと置き竿にするタイミングで、型の良いものが釣れたような気がします。誘い続けていると、型が細かくなったり、フグを寄せる結果になったようです。ハゼも奥は深いですよね。

 久々のハゼ釣り、十分に堪能致しました。両A部さん、ありがとうございました。 また、よろしくお願い致します。べっこうさん、正確な情報、ありがとうございました。今度また、よろしくお願い致します。


912-4
912-3








912-2
posted by まんぼう at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | まんぼうの釣行記・2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック