2001年09月28日

竿の話

 来るべきハゼ釣りに備えて(?)、25年もののへチ竿を出してみました。
 これは、今年の初めに、ガイドを増やして、遊動式から一部固定式に直したんですよ。今までは全部で6個くらいしか付いてなかったので。<笑> 今の竿には無い、グラスの良さが溢れてます。重さや強さのために、どうしてもカーボンが必要だ、という釣りもあります。でも・・・。
 ワタシが個人的に好きなのは、カーボンがスタンダードになる直前、ほんの2年間ほどに極一部で発売された、ケブラー繊維を使った竿です。グラスより若干、強く・軽い。カーボンほどではないですが、その辺のほどほどの所がいいなぁ、と思ったんです。渓流竿を一本持っているだけなのですが、こんなにカーボン全盛になるとは、当時は思いもよりませんでした。へチ竿は、グラスに半透明の樹脂を使ったもので、そのあたりが購入のキッカケ(?<笑>)かなぁ。変わりモンなんですよ。<笑>
posted by まんぼう at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り具の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック