2000年05月20日

ドロ地のカレイの誘い方

 私、ドロ地でのカレイ釣りは、ちょっとニガ手だったのです。それでも、昨日は感覚がかなりつかめてきた感じがしています。
 一言で言えば、『オモリが底に刺さらないような誘い方』をする、ことのようです。オモリを軽くするんじゃなくて、誘い上げた後に、下ろす時、いきなり、『ドン』っていうのはまずいようです。着低寸前に、竿の弾力を生かして、あと10cm以下の部分を、ソフトに止める。むやみやたらと細かいコヅキは、しない。でも、この方法で上手く行かない時は、オモリが静かに底を這うイメージで誘うのも、良い結果が出ました。
posted by まんぼう at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り方の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック