2020年10月13日

新作ロッドの紹介・その3です。(N1-S008・009・010)

今回製作の最後の紹介になります。ワンピースロッドのN1-Sを3本です。
n1s008.jpgn1s008b.jpg

 まずは、N1-S008から。
こちらは、グラスソリッドの穂先を使用しています。
N1-Sの標準的な調子と長さ、重量に仕上がっています。
マコ・マガレイ、深場から浅場まで対応できる、カレイの万能竿?<笑>と言えるかもしれません。
迷った時に選んで後悔しない竿、になると思います。
曲がります<笑>

n1s009.jpgn1s009b.jpg

 次は009です。
こちらの特徴は、グリップに破竹を使用していることです。
調子的には変わりませんが、抜群に軽いです。
布袋竹の根っ子竹を使った↑の008に比べて40gも軽い。
手元が軽くなっている分、持ち重り感はどうなのかということになりますが、リールシート位置を適正に配置して、解消しています。
軽いのは楽だなぁ、ってしみじみと感じる竿です。

n1s010.jpgn1s010b.jpg

 最後は010。
こちらは、008とほぼ同じ仕様です。
気持ち、長さが短めの161pになります。
これもカレイ釣り全般に使えます。

N1−Sタイプの特徴としては、掛かり釣りの浅場で、10号とか15号とかの錘を使っても違和感なく釣りができること、でしょうか。
もちろん、錘に穂先が勝ちすぎている感じはありますが跳ねる程でもなく、小さなアタリや違和感も伝わってきます。


今回の紹介は、ここまでになります。
ご質問やお問い合わせは、コメントやメール等で、ご遠慮なくお申し付けください。
お店で直接確かめらてみたい方は、ご足労をおかけいたしますが、是非ご来店くださいね。
お待ちしております。(*^^*)
posted by まんぼう at 21:17| Comment(0) | まんぼう・新作情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

新作ロッドの紹介です(NH006・N080・N081)

 今日ご紹介するのは、流し釣り用のNH006・N080・N081です。
nh006.jpgnh006b.jpg

 流し釣り用ハードタイプのNH006です。
標準調子よりも、やや硬めになっています。
屋や、強引な釣り方に向いています。
深場や潮流の早いところで、重い錘を使う釣りにも対応できます。
漁礁のマガレイの多点掛けも楽々です。


n080.jpgn080b.jpg

 流し釣りの標準タイプのN080です。
NHよりもやや細身で、軽量な仕上がりです。
振り調子は8:2で、負荷によって7:3〜6:4くらいまで徐々に曲がって行きます。
カレイのサイズを目で楽しめる竿です。

深場のかかり釣りにもいいと思います。


n081.jpgn081b.jpg

 上の080と同じタイプのN081です。
長さが080の168pに対して若干短い160pです。
調子等はほぼ同じですので、お好みでお選びください。


明日は流し釣り用ワンピースロッド3本をご紹介します。
posted by まんぼう at 16:44| Comment(0) | まんぼう・新作情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

新作ロッドの紹介(N-1S 006・007)

 最初は、ワンピースロッドのN1S006と007です。
n1s006.jpgn1s006b.jpg

 上の写真が006になります。
ベンドカーブは40号を掛けています。
素材は、布袋竹のグリップに穂持ちを丸節竹で製作しています。
穂先はGBソリッドです。
 調子は、振り調子で8:2から、負荷に応じて曲がり込んでいく『まんぼう調子』になっています。
穂先の先を柔らかめにして、しなやか感を出しています。
グリップ側に重量を持たせているので、200gの自重でも持ち重り感が少ない作りです。
魚の重量を、ジワッと感じるような釣り味になると思います。
田代島・網地島・金華山の島周りのマコガレイ釣りに使いたいなぁと思います。



n1s007.jpgn1s007b.jpg

 次は、007です。
同じくベンドカーブは40号です。
こちらも、布袋竹グリップと丸節竹の穂持ち、GBソリッドの穂先を使用しています。
調子も006とほぼ同じ、ですが、違いは長さ。
151pの短さで、取り回しが良く、誘いを掛けやすくなっています。
しっとり感と機敏性が両立した仕上がりになっていると思います。

島周りのマコガレイで食いの良い時の数釣りや、アタリが小さいような時に集中して釣る状況を楽しめる竿かなぁ。



明日は、NH,とNタイプの新作をご紹介します。
posted by まんぼう at 16:35| Comment(0) | まんぼう・新作情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする